これがハズレなし!賃貸の探しかた

このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

自分の目で見極めることも大切

借りたくなる部屋を探す場合、まずしなければならないことは情報収集です。
たくさんの情報を仕入れて、物件のことだけでなく、家賃の相場や周辺の環境などについての情報も仕入れるようにしましょう。
賃貸の情報収集は、昔であれば直接不動産屋さんを訪ねる、折込広告を見る、という方法の他にも、物件や周辺に貼り出してある貼り紙などを頼りにしていました。
あそこの部屋が空いているらしい、賃貸のマンションが建てられるらしい、など近所の人の口コミも大きな情報になりました。
またタウン誌や仲介業者が出している情報誌なども、有力な情報源でした。
しかし今は、インターネットという便利なものが浸透してきて、全国の物件を検索することもできるようになりました。
インターネットはパソコンだけでなく、携帯サイトやスマートフォンアプリなどもあり、いつでもどこでも検索できて、そのまま問い合わせ、見学予約もできます。
「ペット可」「オートロック」などのように、キーワードでこだわり物件を検索することもできます。
どの情報を使うにしても、それぞれ一長一短があります。
実際に、その物件を自分の目で見てみないことには、わからないことが多いです。
忙しくて不動産屋や仲介業者に足を運ぶことができないと言う人でも、一度は物件を見学してみるようにしましょう。
不動産屋さんが貸主となっている場合も意外と多いので、親しくなっておいて損ではありません。
交渉なども、顔なじみの不動産屋であれば、やりやすいことでしょう。
メールや電話で、できるだけ連絡を密に取るようにして、自分が探している物件の情報があったら随時伝えてもらうようにすれば、思い通りの物件が見つかるかもしれません。
その際は信頼できる不動産屋を見つけることも大切になります。
住む期間が短くても長くても、住宅探しと言うのはいい加減な気持ちではできません。
不動産屋には、様々な営業の人がいますので、どの人が信頼できる人か、こちら側のことを考えてくれる人なのかを見極めることも重要です。
Copyright (C)2017これがハズレなし!賃貸の探しかた.All rights reserved.
Search